アトピー・花粉症

【子供の花粉症対策にワセリンが効果絶大!!】辛い目のかゆみと鼻水が緩和されました!!

投稿日:2019年3月4日 更新日:

4歳長男がどうやら花粉症らしい・・・(大泣)

それは突然やってきた・・・
4歳長男が日中目をかゆがっている。
両手で目をゴシゴシする仕草が目立つのだ。
とろ~んとして、どこか生気がない。
花粉症?いや、まさかね、と。

次の日の朝、「おはよう」と起きてきた子供の顔を見て、ぎょっ!!とした。
目は真っ赤に腫れあがり、充血しているのだ。

私、ちょっとしたパニック。
落ち着け、これはどういうことだ!?
考えられることとして、昨日目をかゆがっていたから、花粉症か!?
病院は耳鼻科
でも、長男はアトピー持ちでもあり、目のまわりは赤くカサカサしていたので、アトピーの症状かもしれない。
そうしたら、皮膚科の方がいいよね。
アレルギー科もあった方がいいかもしれない。

しばらくぐるぐると悩んだが、自分ではどんな症状か判断できないので、信頼しているかかりつけの小児科に連れていった。

「のどがちょっと赤いね。
鼻からくる結膜炎だね~。
アレルギー・・・花粉症?かもしれない。」

検査は必要ないとのことで、お薬と目薬を処方され、帰ってきた。
この時は、「風邪→鼻水→結膜炎」という認識でいた。
薬を飲めばすぐに治るものだと。
やはり4歳で花粉症だということを認めたくなく、まだ自分の都合のいいように考えていたのだ。

結局、息子は薬を飲んでも目薬をさしても一向に良くはならなかった・・・

息子の目は毎日赤く腫れていて、目をかゆがり、くしゃみと同時に鼻水が溢れ、涙もボロボロ・・・
集中力もなく、ここのところ珍しく夜泣きが続いた。
本当にかわいそうで、さすがに私も「花粉症の可能性が高い」と思わざるを得なかった。
なんとかしなければ!!という思いが走るものの、自分自身が花粉症ではないので、どうしたらいいのかわからない。
そもそも花粉症は何科に連れていけばいいのか!?
それさえもわからない。
耳鼻科や皮膚科は待ち時間がえぐい長い。
初診だと予約できないところも多く、2時間3時間当たり前のように待たなければならない。
幼児を病院に連れて行くことは本当に労力がいるので、病院選びは慎重にしなければならないのだ。
病院探しと共に、すぐにでも症状を楽にしてあげられることはないか対策を探しました。

 

花粉症用のメガネはどうだろうか?

とりあえず、思いつくものと言えば、メガネやマスク。
花粉防止の子供用メガネがあるかどうか調べてみた。

ありました!!
時代でしょうか~、思った以上に種類が豊富でした。

一番いいな~と思ったのが、JINSKIDS用花粉対策メガネ

どの点がいいのかと言ったら、

・花粉のみならず、PM2.5も防ぐ(最大98%カット)
・紫外線も99.9%カット
・外で活動的に動き回るシーンを考慮し、着用時に安全性を高めるラバー素材のガードを採用(取外し可能)
・ノーズパッドとテンプルエンドはラバー素材の為、顔に合わせて手で簡単に調整可能
・メガネと一緒にマスクをしても曇りにくいレンズを標準搭載

■対象年齢目安:
平均的な小学校低学年~中学年(およそ6才~10才)

■素材
フロント:プラスチック(TR-90)
テンプル:プラスチック(TR-90)
フードカバー:ラバー
鼻パッド・モダン(テンプル先):調整可能なラバータイプ

これだけ機能が揃っていたら言うことなしですね!
対象年齢6歳~となっています。
内寸が12cmなので、子供のこめかみからこめかみまで計ってから注文した方がいいですね。
うちの子は男の子でやんちゃなので、転んだりぶつかったりその他トラブルを考えて、サイドガードがやわらかい素材は目を傷つけないよう必須です。
鼻パッドと耳にかける部分が調整できるのもいいですね!
大変人気らしく、店舗では売切れでネットで注文したとの声も・・・
形は楽天では2種類。
内寸は同じ12cmで、フレームの縦の長さが違うようです。
色も違いますね!

■色
・ピンク
・レッド
・グリーン
・ブルー
・ブラウン
モデルさんがかわいいからメガネも素敵に見える☆笑
モデル年齢10歳/身長139cm
やはり4歳の息子には少し大きいかな~・・・

 

■色
・ピンク
・レッド
・ブラウン
・ネイビー
かける年齢によって、だいぶ印象が違いますね~。

 

JINZが売切れていたら、こちらがおすすめです!
『アックスの子供用花粉対策メガネ』

こちらも、花粉が侵入しないよう目を覆っているサイドガードがやわらかい!

内寸が12~13cmということですから、JINS同様6歳くらいからでしょうか。
記載はされていません。

うちの子のことですから、メガネはすぐに壊されると思い、ゴーグルも候補にいれて探してみたのですが、自分で装着できなかったり、レンズが曇ったりする問題もあるので、難しいかなと思いました。
メガネでさえちゃんと装着してくれるかどうか、幼稚園に迷惑がかからないかどうか心配で、とりあえずこのメガネを買って息子の反応を見てから考えよう思いました。

が!!

▼こちらの方法の方がうちの暴走機関車(♂)には最適なことに気付いた!

 

「目のまわり・鼻の穴のまわりにワセリンを塗る」だけで効果てきめん


子育てではお馴染み、白色ワセリンです。
またはもっと純度の高いプロペトでもいいですね。
白色ワセリンは普段から子供の唇の乾燥や保湿の保護などでお世話になっています。
簡単に手に入るので、常に家に置いてあります。
これを目のまわり鼻の穴のまわりに薄ーく塗ります。

だいたいお分かりかと思いますが、
ワセリンのベタベタが目や鼻に花粉が入る前にキャッチしてくれるというわけです。

幼稚園に出かける前に塗って行ったところ、帰ってきてから驚きました。
子供の目が元気!!赤くなっていない!!
感動です。

花粉症の夫にそのことを話すと、思い出したように「自分は面倒でやっていなかったが、確かに効果がある」と!!
試しに夫にも目のまわりと鼻の穴のまわりにワセリンを塗ってもらいましたが、やるとやらないとでは全然快適さが違うと言っていました。

保湿クリームは冷たくて子供は塗るのを嫌がりますが、ワセリンはあたたかいからか、わりと嫌がらずに大人しく塗らせてくれます。
綿棒で鼻の穴の粘膜にも塗ってあげると更に効果的だそうなのだけど、それは子供が嫌がりそうなのでやっていません。
一度手の甲でなじませてから患部に塗る方が薄く塗れ、ベトベトしすぎないです。
私もどんなものか塗ってみたのですが、ベトベトの不快感はあまり感じなかったです。

塗るタイミングは、

お出掛けの前(外での花粉防止)

お風呂から上がった後(家の中での花粉防止)

1日たった2回しか塗っていませんが、それだけでも効果絶大です。
特に小さなお子様にはメガネやマスクは難しいですからね~。
メガネはすぐ壊されそう・・・という園に通うお子様には、メガネよりワセリンの方がいいかもしれません。

ただ、紫外線を浴びると「油焼け」するそうですから、少し気を付けてあげなければなりませんね。
幼稚園にはワセリン休日親がついていられる時はメガネ・・というように使い分けしようかと思います。

 

きちんと治療を受ける!!

4歳で花粉症発症ってアレルギーが強い子ですよね。
ワセリンを塗ることはあくまでも予防ですから、治療や解決にはなりません。
アトピーと共に、どうしたらよくなるのか、自分の子供の体質に合った対策を日々模索していきます。

 

余談:ミキハウスから花粉防止メガネが出ていた!

なんと!私の好きなミキハウスからも花粉防止メガネが出ておりました!!
かわいくてお値段も安い方だと思うのですが、防じん用のガードがやわらかくないんですね~。
注意書きにも『メガネとは違い防じん用フードがある為、転んでけがをする恐れがあります。』と・・・
う~ん、ミキハウスさんならもっと安心安全な子供用メガネ作れると思います!!
かわいくて惜しいのですが、子供の安全が第一ですから。
特にやんちゃな男の子は絶対やわらかい素材のサイドガードの方が安心ですよね。

スポンサーリンク



スポンサーリンク


スポンサーリンク



スポンサーリンク


-アトピー・花粉症
-

Copyright© 子育て行進曲「ママ ぎゅっ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.