食育・食生活 パン

【おすすめ無添加食パン】子供も食べるものだからこだわりたい。

投稿日:2018年2月10日 更新日:

わが家のパンへのこだわり

まだ自分で上手にごはんを食べられない小さな子でも、パンなら手づかみで食べられますよね。
ママにとっても子供が夢中でパンを食べている間、ちょっと息抜きできるような、ゆっくり自分のごはんが食べられるような、ありがたい存在。
それに、子供ってパンが大好きなんですよねぇ。

でも、市販の食パンって【添加物】が入っているものが多いのです。
わが家の食パンへのこだわりは、主に以下のような添加物を含まないシンプルな原材料のパンを極力選ぶことです。

マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド
トランス脂肪酸が健康被害(心臓疾患、認知機能の低下、アトピーなど)を与える可能性がある。

乳化剤
水と油のように混ざりにくい材料を均等に混ぜ合わせるための食品添加物。界面活性剤と同義。決して乳製品ではありません。いくつかの添加物(グリセリン脂肪酸エステル、ショ糖脂肪酸エステル、レシチンなど)を一括して乳化剤と呼んでいるので、何が使用されているのかはわからない。

イーストフード
パン酵母の栄養源で、発酵を助けるなどの目的で使用される食品添加物。塩化アンモニウム、炭酸カルシウム、塩化マグネシウム、リン酸塩などの合成添加物を何種類か配合して使用する。塩化アンモニウムは大量に食べると吐き気や嘔吐などを起こし、毒性が強い。

乳化剤やイーストフードの安全性については専門家でも意見が分かれている。

とはいえ、摂取量や食生活、生活習慣が大事で、一概に安全か危険かなんて判断できないと思います。
善だと思われているバターにだって天然のトランス脂肪酸やコレステロールは含まれていますし、要はなんでも過多にならないよう摂取することが大事です。
この問題についてどう向き合うのかは個人で判断するしかないでしょう。

それらを踏まえた上で、私としての判断は、小さい子供の口に入るものは極力避けてあげるのが自分の努めかなと思っています。
最近では乳化剤・イーストフード不使用の企業が増えてきましたが、まだまだマーガリンを使用している食パンが多くて、市販の無添加パンって本当に少ないのです。
では、おすすめの無添加食パンをご紹介します!

 

おすすめNo.1~最強の無添加食パンはコレ!!~

パルシステム「こだわり酵母食パン」

原材料
小麦粉・酵母・砂糖・食塩

このシンプルさ、素晴らしくないですか?

しかも、酵母はホシノ天然酵母、砂糖は鹿児島県・沖縄県産のさとうきび、食塩は長崎県産海水塩を使用しており、お母さんが家で手作りしてくれているようなパンなのです。(6~9月の期間に限り「産直小麦発酵種」も使用)
酵母の培養に1日、生地の発酵に12時間、元種作りから焼き上げまでに丸2日かかっているそうで、ありがとうございます!と言いたくなる安心の商品。
脂質も100gあたり1.2gと他にはない低さ。(1斤340g以上なので、5枚入りだと1枚70gもない)
食パンってだいたいバターやジャム塗ったり、チーズやハムのせたり、カロリー過多になってしまうので、食パン自体をケーキみたいに甘くしなくても十分だと思うんです。

まさにパルシステムの食パンは
ナンバーワン!オンリーワン!です。

パルシステムに入会してからは、専ら食パンはこちらで買っています。
市販のクリーム入り食パンに慣れていると、少しパサついた食感を最初は感じるかもしれません。
しかし、少し厚めにスライスしてトーストしてあげると(1.5斤はノンスライス)、一口食べるごとに天然酵母と小麦のしっかりとした香りが口の中に広がり、だんだんとハマってしまいました。
「5枚切り」の1斤タイプもあり、こちらはトーストしたときに酵母食パンの持ち味である、表面はパリッと、中はもっちりとした食感を楽しむのに、もっとも適した厚さを何度も検証したそうです。
厚みがあるので幼児には少し食べ辛いことと、風味や食感も独特(それが本来の味なのですが)なので、当時3歳になった長男は食べてくれるのか心配でしたが、「美味しい!」とよく食べ、何の問題もありませんでした。
1歳の次男には、5枚切りの1枚を縦に半分に切って、薄くしてあげる一手間を加えています。
ずっしりとした食感なので、1枚でお腹にたまります(*^-^*)

1斤5枚入り183円(税込198円)/1.5斤280円 (税込302円)
手間暇かかっているのに、お値段は他企業の無添加パンに比べ、抑えてくれているのが嬉しいです。
原材料がシンプルな分、賞味期限は2、3日と短く、それをデメリットとして感じてしまう方もいるかもしれません。
それには冷凍保存で対応するしかないですね☆

この食パンの他にも、パルシステムではロールパンやパニーニ、バンズなどの完全無添加パンを一部ですが扱っており、いずれも組合員の評価は高いです。


ライ麦や全粒粉など加える原材料に対するこだわりも見受けられ、きっとお気に入りのパンに出会えるはずです。
こちらのパニーニは1歳の次男も大好きなので、よく買います。
お野菜やチーズ、ハムなど挟んで食べたら美味しいのですが、息子たちはジャムで食べるのが一番のようです。
食べごたえがあり、1個でずっしりとお腹にたまります。

 

たまにはお弁当にも入れてみたり☆(もちろんパルシステムの無添加ロールパンとパニーニ)

パルシステムに入会しないと購入できないので、お手軽さはありませんが、入会してしまえば毎週届けてくれるので、すごく便利です。
パン以外にもパルシステムは添加物への配慮がなされていて、子供への添加物を気にするママにとって、とってもおすすめです!
わが家は亜硝酸塩・リン酸塩・化学調味料「不使用」のウインナーも毎週注文しています☆

▼興味がある方は、まずは「おためしセット」がお得。

▼離乳食に便利な食材も♪

 

おすすめNo.2 スーパーで見かけたら一度は食べてみてほしい

パスコ「超熟 国産小麦」


今まではスーパーや何よりコンビニで手軽に手に入るセブンプレミアムの「金の食パン」を推していました。
それがリニューアルしまして、後に触れますが、離乳食世代の親御様にとっては改悪となっております・・・
なので、今わたくしは「パスコ」さん推しでございます!!
その中で無添加を求めるなら「超熟 国産小麦」がおすすめです。
原材料は砂糖が多いのがちょっと気になりますが、市販食パンの中では断トツよいと思います。

原材料
小麦粉、砂糖、バター、パン酵母、米粉、発酵種、食塩、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)


国産小麦を100%使用(内、北海道産「ゆめちから」48%使用)し、素材本来の味わいを追求。
「超熟製法」と国産小麦の使用により、“もっちりさ”が感じられるこだわりの山型食パンです。

開封すると小麦の香りが、トーストすると、バターの香りが広がってきます。
サクッとした食感と、米粉のもちっとした食感が美味しいです。
口当たりはとても軽い。
片面だけ焼くと「サクッもちっ」のバランスが絶妙な気がします。
砂糖が多いせいか少し甘め、乳製品使用しているかのような風味があります。
みみまでやわらかくて美味しいので、子供は絶対好きでしょう!
ただ、4~6枚入り各税込324円と強気な値段設定。
うーん、どうにかできないんでしょうかねぇ、パスコさん。

こちらの「超熟 国産小麦」はスーパーで見かけないこともあります。
私は千葉在住ですが、「ヨーカドー」や「ベイシア」には置いていませんでした。
「イオン」「アピタ」にはありました!
特にアピタでは大量に棚一面に並べてくれていて、割引もされていたのを見かけ、嬉しくなりました♪
見つけたら一度はぜひ手にとっていただきたいです☆

「超熟」はどう?

パスコさんはトランス脂肪酸低減への取り組み努力をされており、乳化剤やイーストフードは不使用になりました。
一番メジャーなのが、「超熟」の食パンでしょうか。
子育て世代にも人気があるようです。

しかし、「超熟」の食パンは完全無添加ではありません。
【原材料:小麦粉(国内製造)、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)】
「バター入りマーガリン」としてしっかりマーガリンが入っています。
この表現ちょっとずるいと思ってしまいます(^-^;
バターって一体何%入っているのでしょうか。
ほぼマーガリンなのではないのでしょうか。
「余計なものは入れない。」のキャッチコピーにう~ん?と首をかしげたくなります。
いくらトランス脂肪酸を低減したマーガリンですよって言っても、結局は人工的に作られたものなので、健康にいいとは限らないのです。
なので、パスコさんには「トランス脂肪酸ゼロのマーガリン」を使う方向には行かずに、上記おすすめした「超熟 国産小麦」の線で行ってほしいと願っています。
本当の意味での「トランス脂肪酸低減」目指してください!!

 

コンビニ(セブン)、イトーヨーカドー、ネットでも買えるお手軽無添加食パンはコレ!!だったんだけど・・・

セブンプレミアムゴールド「金の食パン」

2018年5月8日にリニューアルされました。
パッケージが透明の袋になり、枚数も6枚切りから5枚切りになりました。
イトーヨーカドーやセブンイレブンのコンビニですぐ手に入るのが嬉しかったのだけど・・・
離乳食世代の親御様にとっては改悪となってしまいました。

原材料の違いとしては、リニューアル前は「クリーム」の割合が多かったのですが、リニューアル後は「脱脂濃縮乳」(生乳)の割合が多くなっていますね。
[リニューアル前原材料:小麦粉・クリーム(乳製品)・砂糖・乳等を主要原料とする食品・バター・発酵種・食塩・パン酵母・(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)]

そして残念なことに、「はちみつ」が配合されるようになったので、特に1歳未満のお子様には与えないよう注意が必要となりました。
アレルギー物質が増え、食べられる人が制限されてしまったリニューアルになってしまいました。

今まで市販の無添加パンって言ったら「=金の食パン」だよねって結構周知されていたと思うのです。
セブンのコンビニでだって手に入るし、それが忙しく外出もままならない離乳食世代の親御様にとってはどんなにありがたい存在だったことか。
もともと世間に浸透していた商品に「はちみつ」をしれっと加えるのって、大丈夫!?って思う。
表示を見ず離乳食に与えてしまい、パニックになる親御さんの姿が容易に想像できちゃうのですが。
特にリニューアル前から手に取っていたなら表示見ずとも「安心」の商品だと思っちゃいますよね。
砂糖が十分に入っているのにさらにはちみつ入れる意味もよくわからないのですが・・・
離乳食世代が切り捨てられたような気がして、がっかりだよ!!

と、つい文句を言ってしまいましたが、大人の方にとっては一番手軽に手に入る無添加食パンなんじゃないでしょうか~。
そして味は美味しいです。(甘いのが苦手な人には不向き)
焼かなくても美味しいです。
バターとジャムを塗って食べようかと思っていましたが、その必要まるでなし。
私はその時の気分でジャムやらはちみつ、メープルとかを選びたいので、塗る必要がないというのはパンを食べる楽しみが半減してしまう悲しさ・・・
まぁ子供にはそのまま与えられるので、手を汚さず食べてもらえて親は助かります(笑)

お値段は5枚入り230円(税込248円)、厚切り2枚入り118円(税込127円)です。

おすすめはしないが希望の光。セブンプレミアム「セブンブレッド」

2018年5月22日に発売。
原材料を最初に見たとき、マーガリンの材料にもなっていたりする「なたね油」が多く配合されているのが残念に思った。
「マーガリン不使用」アピールをしたいだけなのでは・・・と。

国産の「なたね油」使用だったら遺伝子組み換えもされていないだろうし、パンに配合するという点ではまだマシ。
でもパン本体の価格からして、輸入ものなんだろうなぁと疑っていたら、セブンのホームページには「キャノーラ油を使い」とハッキリ明記されておりました・・・
怖すぎる!!(根性が)
製品表示にもちゃんと「キャノーラ油」と書きなさいよ!!( `ー´)ノ

もう一方の「オリーブオイル」は食用油としては可もなく不可もなく中立の立場だと評価されているので、着眼点はいいと思うのだけど、問題はなたね油同様「質」である。
エキストラバージンオリーブオイル・・なわけないよね。

表示だけいいように見せて、質を落としていたら台無し。
ちょっと消費者をバカにしてるよねって思う。

栄養価の高い「小麦ふすま」が少しだが入っているという点はいいし、低コストで頑張るブランドなのに「トランス脂肪酸低減」への努力や熱意は感じる。
こういう表示にしたら需要があるっていうのがわかっているのであれば、質を落として中途半端な商品にするのはもったいない。
だったらヤマザキパンの添加物たっぷりのパンの方が堂々としていてすがすがしいわ。
表示されていることを全て鵜呑みにするのではなく、あくまでも目安として考えることも我々消費者には必要だなと改めて思った。

「金の食パン」同様がっかりだよ!!、と共に今の時代の消費者が求めているものが見えているブランドなので、今後よりもっと素敵な見直しをしていただけるような光も見える。
しかし、この価格帯だったらここまでが限界なのかなぁ・・・

3枚入り88円(税込95円)/6枚入り138円(税込149円)/8枚入り138円(税込149円)
6枚入り1枚当たり:脂質・・・3.3g(飽和脂肪酸・・・0.55g/ トランス脂肪酸・・・0g)、コレステロール・・・0mg

▼イトーヨーカドーさんのネットスーパーはプレママ・子育てママ応援として、母子手帳(交付日より4年以内)を提示すれば登録日より4年間いつでも配達料金100円
よく利用させていただいており、本当に助かっています☆

 

自分のこだわりが最大限生かせるホームベーカリーもおすすめ!

う~ん、お手軽に手に入る市販の食パンで無添加ってありそうでなかなかないですね。
賞味期限の問題もありますが、もっともっとシンプルでいいのですが。
企業側も時代の流れに乗った戦略が上手いというか(汚いというか)、悲しいかな、疑ってかかるが吉のような気がする。

子供に無添加パンを食べさせたいのであれば、ホームベーカリーで自分で食パンを作った方が絶対にいいです。
作るといっても、実際は材料をホイホイいれてセットするだけ。
お米を炊飯器で炊くかのように本当に手軽にできるし、早焼き機能もあるので、忙しいママにもぜひぜひおススメです!
自分で何の材料にするのか選べるので、無添加に加え国産にもこだわれます。
私が作るときは、原材料は、北海道産小麦・ホシノ天然酵母・砂糖・塩・バターを使用しています。
他には全粒粉を配合してみたり、無添加オイルフリーのレーズンを使ってレーズンパンを焼いたり、そういう細かな配慮もホームベーカリーなら手間なく実現できるので楽しいですよ。
市販では無添加のレーズン入り食パンって見たことないのですが(パルシステムにもない)、子供達が大好きなので、レーズン入り食パンはホームベーカリーで作っています☆

スポンサーリンク



スポンサーリンク


スポンサーリンク



スポンサーリンク


-食育・食生活, パン
-

Copyright© 子育て行進曲「ママ ぎゅっ」 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.